ビンゴ5で高額当選する方法はある!?|4つの法則を徹底解説!

「宝くじが当たったら…」と理想を抱く方は多いですよね。

宝くじは購入も簡単なので、夢と期待を込めて購入する方がほとんどです。

しかし、宝くじが当たる確率は限りなく低いことは皆さんご存知のことでしょう。

この記事では、ビンゴ5で高額当選する方法や宝くじの基本的な部分を詳しくご紹介します。

ビンゴ5ってどんな宝くじなの?

ビンゴ5は、タテ・ヨコ・ナナメを揃えて当てるビンゴゲーム感覚の宝くじです。

タテ・ヨコが3マスずつ、計9個のマスのうち中心(FREE)を除いた8個のマスに記載された数字を当てはめていく方式です。

1枚200円で販売され、1枚の用紙で2口分応募することができます。

数字の埋め方は、用紙の枠内に記載されている「1~5」「6~10」「11~15」「16~20」「21~25」「26~30」「31~35」「36~40」の数字を選択して塗りつぶすだけです。

中心のマスはFREEとなっているため、タテ・ヨコ・ナナメの数字2つ一致すれば200円をゲットできるというとてもシンプルで当たりやすい方式となっています。

ビンゴ5の当選金はいくら?

ビンゴ5の当選金額は以下の通りとなっています。

当たりライン数当選確率当選金
1等8ライン1/390,625¥5,556,200
2等6ライン16/390,625
(約1/24,414)
¥300,000
3等5ライン48/390,625
(約1/8,138)
¥45,000
4等4ライン192/390,625
(約1/2,035)
¥18,200
5等3ライン1,248/390,625
(約1/313)
¥2,500
6等2ライン6,656/390,625
(約1/59)
¥700
7等1ライン56,832/390,625
(約1/7)
¥200(原則固定)

ですが、あくまでも理論値であり、当選金額は販売額と当選口数によって変化するため、

当選金額が555万円以上になる場合もあります。

ビンゴ5は年中購入可能となっており、抽選日は毎週水曜日です。

当選金はどうやって受け取るの?

宝くじ当選金の受け取りはルールがあります。

  • 当選金が10,000円以下の場合は「宝くじ売り場での受け取り」
  • 当選金が10,000円以上の場合は「受託銀行等の窓口での受け取り」

※5万円マークがある宝くじ売り場では、50,000円以下の当選金を受け取ることができます。

1当選金あたり、500,000円以上の受け取りは身分証明書が必要です。

更に、1,000,000円以上の場合は身分証明書+印鑑が必要となります。

1,000,000円以上の当選金の受け取りには、約1週間程度の時間がかかります。

ビンゴ5|当選のための4つの法則!

ビンゴ5には当選に有力だとされる法則が4つ存在します。

ここからはその法則について説明していきましょう。

その1|41の法則

まずは、41の法則について説明していきましょう。

これは、ビンゴ5のFREEを除いた8つのマス目のうち、FREEを挟んで対角線上に来るマス目同士の合計値を「41」にするという方法です。

例えば、左上のマス目で「1」を選択した場合、FREEを挟んで対角線上にある右下のマス目では「40」を選びます。数字の合計が41になりますね。

この様に他のマス目も対角線上のマス目との合計が41になるようにすればいいという法則です。

実際に2018年12月5日の当選番号も、

3   8      11  

19   FREE   24   

30   35    36  

この様にナナメの合計が41になることを確認しています。

当選確率から考えて、1等は難しいところがありますが、7等の1ラインであれば当選する可能性が高いと言えますね。

こちらの41の法則は、全てではなく1組程度入れておくことがおすすめです。

41の法則の出現回数は全100回中57回で、出現率57%(2019年3月13日の結果)と、なかなかの確率で出ているので試す価値があります。

その2|+5の法則

+5の法則について説明していきましょう。

これは、8つのマス目に順番をつけて、先ほど選んだ数字に5を足した数字を選択するという方式です。

➀  ②  ③

④  FREE ⑤

⑥  ⑦  ⑧

この様に8つのマス目に順番を振ります。

➀で「1」を選んだ場合、②では1+5の「6」を選択するという方法です。

全てに5を足すのではなく、1~2パターン程度はこの法則を入れておくと当選しやすくなっています。

「5足す法則」の出現回数は全100回中79回で、出現率79%(2019年3月13日の結果)と、高確率で出ているので、この方法も有力となっています。

第64回 抽選日 2018年06月27日                                                

 05   06   11                                              

16  FREE  21                                           

26   34   37                                             

この様に5足す法則で2ラインが出現しています。

その3|前回と同じ数字を選ぶ法則

1~40の当選数字は計8個。

どのマスを前回と同じにしても構いませんが、全て同じにするのはよくありません。

1~3組ほど数字を入れるのがおすすめです。

なぜ、前回と同じ数字が含まれる可能性が高いのかというと、ビンゴ5は電動遠心力型抽選機でボールが選ばれるため、同じ数字が選ばれる傾向があるようです。

ロト6も同じ方式で、数字が被る場合があるといいます。

例として、前回の当選数字に、5・13・19が含まれているなら、同じ数字を選択するということです。

第81回~86回までの当選番号を見てみましょう。

【第81回 抽選日 2018年10月24日】                                                  

05   08  15                                              

19  FREE  25                                            

27   33  40                         

                     

【第82回 抽選日 2018年10月31日】                                                  

05  06   11                                              

20  FREE  24                                            

27  34  40                              

               

【第83回  抽選日 2018年11月07日】                                                  

04   08   15                                              

19  FREE  24                                            

30   34  36                   

                           

【第84回  抽選日 2018年11月14日】                                                 

02   07   15                                              

18   FREE  22                                            

30  31   36            

                                  

【第85回 抽選日 2018年11月21日】                                                  

03   07  11                                              

17  FREE   24                                            

26   35   40                       

                       

【第86回 抽選日 2018年11月28日】                                                  

04   10  11                                              

17  FREE  21                                            

30   31   36                                             

  この様に前回と同様の数字が1~3個含まれていることが分かります。

多くても3つ程度なので、1~3個は入れておくといいでしょう。

その4|前回の数字に±1の法則

この法則は、先ほどの法則と同じように、前回の当選数字を参考にします。

前回の当選数字が、3・8・14ならその数字に1を足した4・9・15または、1を引いた2・7・13を選択するという方法です。

第87回~90回を見てみましょう。

【第87回 抽選日 2018年12月05日】                                                  

03   08  11                                              

19  FREE  24                                            

30   35  36                           

                   

【第88回 抽選日 2018年12月12日】                                                  

01   09   13                                              

18  FREE  24                                            

27   34   36                                     

         

【第89回 抽選日 2018年12月19日】                                                  

03    06   13                                              

16   FREE   24                                            

28  35   38            

                                  

【第90回 抽選日 2018年12月26日】                                                  

03  06   13                                              

18   FREE  24                                            

27  35   39                                              

実際の当選番号でも±1の数字が含まれていることが分かります。

これも全てではなく、1~2組ほど入れておくといいでしょう。

ビンゴ5で高額当選を狙おう!

ビンゴ5では比較的当選確率が高い宝くじではありますが、高額当選は非常に難関です。

過去の当選番号を参考に、この記事では4つの法則をご紹介しました。

内容を振り返ってみましょう。

  1. 対角線上の合計が41になる数字を1組入れる
  2. +5の法則で数字を1~2組入れる
  3. 前回と同じ数字を1~3個入れる
  4. 前回の数字から±1の数字を1~2個入れる

これらの法則をうまく利用して、ビンゴ5で高額当選を狙いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です