勝率をアップ!協力して共同購入!宝くじで億を当てる

宝くじの1等を目指すためには、宝くじに勝つ確率を増やすことも重要です。


宝くじに勝つ確率を増やすため1人で沢山買うのは困難ですが、会社の友達や宝くじの集まり同士で協力すれば沢山枚数が買えるため当選確率も増えます。

そのために宝くじを協力して買うと得られるメリットとデメリットをきちんと説明します。

協力して買うとどんなメリットが得られる?

協力して宝くじを買う方法はよくジャンボ宝くじでも同じです。
宝くじを沢山買えば買うほど宝くじに勝つ確率は増えます。

と言ってもたった1人で何枚も買おうとすると最低30万円はいるため、宝くじに失敗することを考えると心配になるのが当然です。
しかし協力して宝くじを買えば個人で出すお金は減ります。

例えばジャンボ宝くじの場合

30万円分を10人で協力して買おうと思うと、1人につき3万円だせば終わり、さらに1等が当たっても山分けすればお金が手に入ります。

今説明したのが協力して購入する1番のメリットです。

当選したお金は山分けしなければいけないため全ての額は手元に入りませんが、失敗する確率は減り、友達と協力して買って当たればいいという気持ちを共感出来ます。

協力して買うのはきちんとメリットがあるのに何故デメリットもあるの?

協力して宝くじを買えば失敗が減り当選確率が増えますが、実はデメリットもあります。

友達同士で協力して宝くじを買えば山分けしてくれないことはありません。しかし本当のデメリットはもっと別に身近にあります。
問題は何かと言うと税金です。

全員の予定が違うと贈与税がかかることも!

例えば年末ジャンボが10億円当選した場合、10人に山分けすると1人1億円になります。

10人がみずほ銀行で10億円を山分けしようとするのは難しく、それぞれ予定も違います。10万円を最初受け取る人が銀行に行くと、残りの9人は結果的に贈与税がかかります。

贈与税は最大55%かかるために1億円は代表者が10万円、残りの9人には贈与税の関係で差し引きされてしまい、実際5千万円しか手に入らないというデメリットがあります。

そうは言っても「協力して宝くじを購入するのはいいことがない」と考える必要はありません。

贈与税で差し引きされない方法が実はきちんとあります。

贈与税で差し引きされない方法は何?

贈与税で差し引きされない方法は10人全員が一緒にみずほ銀行に行くことです。

贈与税は本来贈与したものに税金がかかり、1人だけ代表が銀行に行くと宝くじの当選証明に代表者の名前しか記入出来なくなるため贈与税が発生します。

しかし10人一緒に行くと宝くじの証明書に10人の名前を記入することが出来るため、贈与税は発生しなくなります。
簡単に結論を言うと10人が当選者扱いになります。

協力して購入し10人全員の名前が記入されていれば贈与という扱いならず安心出来ます。

協力して宝くじを購入するときは贈与税をなくすのが重要

協力して宝くじを購入しデメリットをなくすには、10人一緒に予定を合わせて銀行に行き当選金を貰うようにしましょう。

当選金が貰えるのは1年が期限のため、1年以内に10人の予定を合わせるよう考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です