ロトシリーズで当たりやすい数字選択式宝くじはあるの?

ロトシリーズといえば、ミニロト、ロト6、ロト7。

この3つは選ぶ数字の多さも違うのと等級によってルールが変わってきます。

最初はミニロトとロト6だったのもも、後からロト7がでてきました。

少しややこしいかもしれませんが、この中で当たりやすい数字選択式宝くじを見つけていこうと思います。

ミニロトのルールについて

1等申込数字が本数字5個すべて一致1/169.911約1,000万円
2等申込数字が本数字4個と一致し更にボーナス数字1個と一致5/169.911約15万円
3等申込数字5個のうち4個が本数字に一致125/169.91約1万円
4等申込数字5個のうち3個が本数字に一致3.250/169.91約1,000円

1等の本数時5個すべて一致で約1,000万円…。

しかも31個の中から数字を選びます。

確率を見てもらえるとわかりますが、1/169.911は中々当たりにくいです。

やってみると分かりますが、意外と3個の数字を当てるのも難しかったりします。

ロト6のルールについて

1等申込数字が本数字6個すべて一致1/6,096,454約2億円
2等申込数字が本数字5個と一致し更にボーナス数字1個と一致6/6,096,454約1000万円
3等申込数字が本数字5個すべて一致216/6,096,454約30万円
4等申込数字が本数字4個すべて一致9,990/6,096,454約6800円
5等申込数字が本数字3個すべて一致155,400/6,096,454固定1000円

ミニロトとは違い本数字6個で1等になりました…。

しかも43個の数字から6個を選ぶというものです。

自身でもロト6は何度かやっていた時期がありますが、1等は当たる気がしないんですね。

まぁ6個選べるというだけあって5等が当たりやすかった気はしますが、それでも当たる時期と当たらない時期がありました。

ロト7のルールについて

1等約4億円1/10,295,472申込数字が本数字7個すべて一致
2等約1,000万円14/10,295,472申込数字が本数字6個と一致し更にボーナス数字2個のうち1個と一致
3等約100万円196/10,295,472申込数字7個のうち6個が本数字に一致
4等約12,500円9,135/10,295,472申込数字7個のうち5個が本数字に一致
5等約2,000円142,100/10,295,472申込数字7個のうち4個が本数字に一致
6等約1,000円242,550/10,295,472申込数字が本数字3個と一致し更にボーナス数字1個または2個に一致

今度は7個の数字がすべて一致です。

しかもミニロトやロト6とは違い確率が1,000万。

気が遠くなりますね…。

しかもジャンボ宝くじの1等と、ほとんど同じ確率です。

これまでの確率をみて当たりやすいのはミニロト

ロトシリーズの数字選択式といっても名称から「ミニ」がついてるので当選されやすいのはミニロトです。

ただクイックピックか自身で数字を選ぶ場合があります。

どちらがいいかというと、初心者でもない限り自身で数字を選んだほうが良さそうです。

その理由としては前回の数字は次回に出現されてるという事です!

これで1個か2個は予想できます。

残りの数字は下一桁を入れてもいいです。

前回の当選番号で10だったら20か30です。

みニロトは1等を当てる事は難しいですが4等の3個の数字を予想するのは、それほど難しくないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です