ナンバーズ3のルールは?購入方法で当たりやすさが変わる

ナンバーズ3は数字選択式の中で当選されやすい宝くじです。

購入方法も4種類ありますが、その中でもストレート(数字の並びは同じ)で理論値は9万円。

確率は1/1,000になります。

1口200円なので20万円購入してやっと当選されるレベルですが。

実際は20万円分購入の前に当選されてるはずですが運が悪ければ、それぐらいは使うという事です。

しかしナンバーズ3はストレートを狙わないでも、当選されやすい購入方法があります。

ナンバーズ3の購入方法について

ストレート : 3ケタの数字と並びの順序が一致

最初にも説明しましたが、当選番号が123の場合、申し込む数字として123を選んでおかなければなりません。

132や321では当選にならないのです。

ボックス : 3ケタの数字が一致すれば並びの順序は問わない

当選番号が123の場合

123-132-213-231-312-321を選んでいれば当選です。

確率も6/1,000となっていて理論値は15,000円。

ストレートと比べると少なくなっています…。

セット : ストレートとボックスに半分ずつ申し込むもの

123(ストレート当たり)で確率は1/1,000。

理論値はストレートには及ばないものの、52,500円もあります。


132-213-231-312-321(ボックス当たり)で確率は5/1,000。当選金額は通常のボックスよりも少なく7,500円。

ミニ : 下2ケタの数字と並びの順序が一致

*23(下二桁)で当選です。

「*」は0~9。

確率も10/1,000で理論値は9,000円。

これら4つの購入方法の理論値は、大体の金額ですが、実際はこれよりも多かったりします。

なのでミニでも上手く数字予想できれば黒字を狙えるという事です。

よく出ている数字を狙う

ナンバーズ3は当選番号が3つ。

月~金曜日に抽選されています。

1ヵ月でみても、4や5が多く出現していたりします。

これは2つの数字が同時に出現しているという事で、ボックス狙いなら2つの数字を予想できた場合、残り0~9だけを狙えばいいという事なので、比較的当選されやすいという事です。

また二つの数字さえ予想できれば残りの0~9は10枚購入して、数字を流し込むのです。

これをするとナンバーズ3は1口200円と考えて、2,000円必要ですが、理論値15,000もあるので、やるかやらないかでいったらやった方が良いです。

二つの数字を予想ならナンバーズ3のミニでも当選される

二つの数字を予想といってもナンバーズ3のミニは下二桁です。

ただ確率は1/100になっていて、その月に多く出ている数字を選ぶ。

もしくは、あまり出ていない数字を軸にして、予想する事もオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です